9月催事(前半)のお知らせ♪

第1弾 イトーヨーカドー大宮店にて、「群馬フェア」が開催されます。

☆ 期間 : 9月5日(水) ~ 9月10日(月)                                                                            ☆ 時間 : 9:00 ~ 19:00 (最終日は18:00までとなります)

第2弾  ながの東急百貨店 地下中央催事

☆ 期間 : 9月13日(木) ~ 9月19日(水)                                ☆ 時間 : 10:00 ~ 19:00 (最終日は終了時間が早くなりますのでご注意ください)

9月は、キノコ類がおススメです。

ここで「簡単 きのこご飯」をご披露します。

にんじん、ごぼう、油揚げ等と一緒に「糀たまり漬」、きのこシリーズを一緒に炊き込んでいただくと、ほんのり甘みのある美味しい秋の一品が出来上がります♪

また、にんじん、ごぼう、油揚げのみで醤油味の炊き込みご飯を作り、器に盛ります。 その上に、「しいたけ」、「えりんぎ」、「しめじ」の「糀たまり漬」、くりの甘露煮、鶏肉(タレ付きの焼き鳥でもOKです)等をお好みで配していただくと、「釜飯風秋の炊き込みご飯」が出来上がります♪

「しいたけ」、「えりんぎ」、「しめじ」の”きのこ三昧”をご賞味ください♪

 

バンコクでも糀ブーム!?

バンコクで塩糀やしょう油糀をご活用いただいているお客様より、                          嬉しいニュースをいただきました。

バンコクでも、和食料理屋さんを中心に、塩糀ブームが沸々と到来しているようです♪

こちらのお客様は、バンコク在住の日本人の方で、お料理が大変得意な方です。                  バンコクでの麹ブームの様子や、塩糀の活用術もたくさん教えていただきました♪        タイ料理や韓国料理、西洋料理にいたるまで、様々に利用されているようで、私どもも大変勉強になります。

もともと、バンコクには、古くから、日本の甘酒に似たものがあるそうです。                 ただ、タイの甘酒は、私どもの使っている糀菌とは、異なり、アルコールを作る目的で使われるようです。 こちらでいう、ドブロクのようなものを炭酸水で割ると大変美味しいカクテルになるそうです。

最近、日本酒を炭酸水で割る日本酒ハイボールがお好きな方もいらっしゃいますね♪

もち米甘酒を水でなく炭酸水で割った甘酒ハイボールをぜひおためしください。

 

「塩糀をつかったレシピ」のご紹介

みなさんは、「塩糀」をどのようなお料理に使っていらっしゃいますか?

お客様のお話をお聞きすると、一番使いやすいお料理は、「鶏ムネ肉のグリル」 のようです。      シンプルですが、肉の旨味を十分に引き出し、また、食感を柔らかくし、立派なメイン料理になるからだそうです。

鶏の「塩糀から揚げ」も誰からも喜ばれる一品です。 少々焦げやすくはなりますが、是非、糀を残したまま揚げてください。

夏のおすすめは、「ミニトマトときゅうりの塩糀サラダ」です。

普通のトマトでも美味しいのですが、水分が出やすくなるため、ミニトマトを使うのがおススメです。 きゅうりはトマトと同じ位の大きさに切り、先に塩糀と和えておきます。 そして、召し上がる20分くらい前になったら、半割りにしたミニトマトを加えて和えます。                冷たくひやして召し上がってください♪

また、ビールにもよく合うと好評の、塩糀にラー油とねぎを加えた 「ピリ辛塩糀ダレ」 はいかがでしょうか?                                                      冷奴やサラダにかけたり、冷しゃぶに付けてレタスと緒に巻いて召しあっていただくのも◎です。

暑さに負けないよう、少しでも食欲のわくような一品を考えていきたいですね♪♪

もう一つ、お客様より教えていただいたのが、切り身魚の塩糀漬ならぬ鯵の干物の塩糀漬です。干物のうま味に何とも言えない甘みが加わり美味しさ倍増です。

しっかりご飯を食べて残暑をのりきるぞ。

 

 

「味噌」のあれこれ PARTⅡ

日本の天下取りは東海地方がキーワード。

突然の枕に驚くかもしれませんが、三河、駿河と日本を公家から武家支配にかえた三人の武人が戦国時代に登場しました。織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康です。大胆かつ頭脳的な三人はともに攻撃的な性格であったようです。

ところでなぜこのような話題にしたかですよね。じつは、前回のブログで日本の「味噌」は米、麦、豆に分けられるといいましたが東海地方は豆味噌の発祥地であり、ゆいいつ現代まで受け継がれた土地です。

この豆味噌が天下統一の原動力ではないかと思っています。大豆とはタンパク質のかたまり、畑の肉などと呼ばれています。

米と野菜が主食だった時代にたくさんのタンパク質をとる地域それが三河と駿河だったのです。ちょっとこじつけかな。

セルロースとデンプンを主食とする典型的な農耕民族の中でも比較的タンパク質を多くとるこの地方は擬似的な狩猟民族的資質があったのかもしれません。

話は違いますが、愛知といえば味噌煮込みうどんと味噌カツは絶品ですね。

こんなことを書いていたら今夜は味噌カツが食べたくなりました。ということで奥さんにお願いするとしましょう。

 

 

金山寺みそはどんなもの

最近、「金山寺みそ」の名前についてよく質問されます。

金山寺みそは鎌倉時代頃より作られている、外来食品というのが大方の見解です。

金山寺みその産地としては、和歌山、静岡、千葉などが有名ですが、実際には同様のものが「なめみそ」や「日向みそ」、「かきみそ」などの名前で各地で作られています。

さて、金山寺はお寺の名前で、そこが発祥の地か?ということがはっきりしません。      弘法大師が唐の江蘇省にある金山寺よりもち帰ったという説と、法澄国師が浙江省杭州市径山の禅寺より持ち帰ったという説が大勢を占めています。                      どちらの説にしろ、金山寺はお寺の名前ですね。

群馬では「なめみそ」の名前での流通が多いですが「日向みそ」や「かきみそ」、「おなめ」などの名前もよく耳にします。

東北出身の友人に聞くと、群馬へ来て、初めて金山寺みそというものを知ったということです。これもまた、郷土の味なんでしょうね。

東北といえば「青なんばん」や「一升漬」が「なめみそ」にあたるのでしょう。

「金山寺みそ」の美味しい食べ方(ただし私のおきにいりですが)を紹介します。

鯛みそのように熱々ご飯にのせるが一番です。

キュウリにつけるが二番(ただし私の場合はゴマ油を一滴たらします)

三番はレタスやセロリにつける

熱いおそばにいれるが四番

これぞ究極のマヨネーズをあえて食パンに。

グラタンのトッピング・・・・

だんだん広がる「金山寺みそ」のせかいはいかがですか

私どもで作っている「金山寺みそ」は、麦糀に大豆、茄子などの野菜を加えて醸造してあるので食べ応えのあるものになっております。

催事のお知らせ♪

8月催事のお知らせです。

「大宮駅自由通路」 での出店となります。

☆ 期間        :  8月 10日 (金) ~ 16日 (木)

☆ 営業時間 : 10:00 ~ 19:00  ※ 最終日は、14:00までとなっております。

 

しょう油糀をたっぷりと使った、少し甘めの当店の 「糀たまり漬け」 は、暑い夏の御手土産としても大変喜ばれておりますので、是非、この機会に帰省の御手土産としてご利用になってみてください♪

恒例となりました「水沢うどん」と「磯部せんべい」もお持ちしております。

もちろん、今回も冷たい甘酒をご用意して、皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。