しょうゆ糀レシピ(上級編)海へのあこがれ?

私が育った群馬県は海なし県です。

海なし県というのは「海に接していない」を強調したものです。

一番近くが東京湾で110Km、海水浴できるところは湘南で140Kmはしっかりあります。

したがって魚介類には縁遠い土地柄です。

子どものときから魚といえば川魚だけがすぐに思いつくしまつです。

海の魚は塩漬けか干物ばかりでした。

年末年始に味わえるおせち料理は海の幸が味わえる楽しみだったと思います。

きょうは海なし県の我が家に代々伝わる三升漬という 「しょう油糀漬」 をご披露します。

☆ 材料 ☆

乾燥スルメ  3枚

しょう油 500cc

酒 1000cc

米糀 500g

昆布 10cm角 1枚

① 乾燥スルメは中骨を取り4~5mm幅に切ります。

② 500ccの酒を煮切ってアルコールを飛ばして燗冷ましにします。

③ 500ccの燗冷ましに①で切った乾燥スルメを浸し一晩おきます。スルメがかたくなりますので熱いお酒には絶対入れないようにしてください。

④ 米糀500g、酒500cc、しょう油500cc をよく混ぜなじませてください。

⑤ 蓋のできる容器かビニール袋で③と④を合わせてください。

⑥ 1週間くらい毎日1回かき混ぜます。

⑦ 10cm角の昆布(2mm幅位に切っても食感が楽しめます)を入れて更に1週間ほどおきます。

これで出来上がりです。

時間はかかりますが手間はいたって簡単です。

12月に入ってすぐに準備すると年末年始に楽しめること請け合いです。

 

これはそのままたべてもお茶漬けにしてもよしです。

お好みですがにんじんや数の子などをいれてもいけます。

年末年始のおたのしみにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

11月催事のお知らせ

すっかり寒くなりましたね。

今回は、栃木県小山市にお邪魔いたします。

☆ イオン小山店 「北関東物産展」

期間 : 11月30(金) ~ 12月 3日(月)

時間 : 10:00 ~ 19:00 (最終日は閉店時間が早くなりますのでご注意ください)

 

冷たい甘酒、ホッとな甘酒、しょう油糀、手づくり味噌、糀たまり漬各種などなど、たくさんご用意してお待ちしておりますので、是非、足を運んでみてください♪

 

 

 

私が仕込んだ「手づくり味噌」は最高のできばえ

どこのスーパーマーケットに行っても簡単に手に入るのが「味噌」です。

ところが最近、この「みそ」に異変がおきています。

以前味噌の種類に天然熟成と即譲があると書きましたが、スーパーで購入する味噌の大半が即譲味噌です。

この二つには成分上に多少の違いがあります。

それは、時間経過の違いからくる旨味の差です。

たとえば、「すき焼きの割り下(かえし)は前日に作ったほうが美味しい。」 といったことと同じ類のことです。

この天然熟成のみそがスーパーに数多く出始めています。

価格はちょっと高めですが香りが良いと評判です。

みそが一時価格競争にさらされていた時と比べると、高級志向になっていると思います。

ここで更に美味しさを追求した、自分で仕込む「手作りみそ」が密かなブームとなっています。

「手前みそ」という言葉がありますが、なぜか自分の手で仕込んだみそは、二倍は美味しく感じます。

美味しさに二倍という尺度はありませんので、単なる感覚的な感想です。

しかし、この感覚が、言葉通りに美味しさを増しているので不思議です。

そんなところから、美味しさのおすそ分けをしたくなるのが元来の日本人気質です。

自我自賛を押し売りすることを「手前みそ」と言うようになってしまいました。

でも、本当に美味しいです。これは保証します。

料理の世界では、空腹が一番の味付け、空腹を超える腕前のシェフはなかなかいない。

これと同様に味噌作りには熟成期間がかかります。

待つことは空腹と同じなのです。

ましてやシェフは自分自身でしょう。 味が良くないなんてありえないです。

年間5000人以上の手前みそフリークが、私の糀蔵の糀で作った「マイ味噌」(myみそ)の出来上がりを待っています。

「手づくり味噌」は、道具を用意すれば簡単に自宅でできます。

でも初めて挑戦するので不安な人や、一年に1~2回しか使わないものを買うのはもったいないと思う人は、1年中、いつでも「手づくり味噌教室」を開催しておりますのでご一報ください。

毎年1300人以上の人が教室を体験しています。

遠くの方は、味噌作りの後に温泉天国群馬の温泉で一泊してはいかがですか。

 

 

 

 

送料キャンペーン♪のお知らせ

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、冬期恒例の送料キャンペーンを開催いたします。

ご贈答用として、また、年末・年始のお茶請けとしてご準備いただけると嬉しいです♪

 

☆ 開催期間 : H24年11月15日(木) ~ H25年1月15日(火)

☆ キャンペーン内容 : 期間中の発送料が送り先一件につき全国一律500円となります。    また、1箇所に商品5770円以上送る場合は、送料無料となります。

☆ 対象 : 一般のお客様に限らせていただきます。(大変申し訳ございませんが、ご法事のお客様に関しましては、今回、対象外とさせていただきますのでご了承ください。)

 

 

緊急追加販売!!

10月の各地の催事にて、当店手づくりの「しょう油糀」を販売させていただきましたところ、大変ご好評をいただきました!!

「とても美味しかった♪」、「思ったより使い勝手が良かったわ!」 etc・・・、

たくさんのお声をいただきまして、緊急追加製造および追加販売を決定いたしました!!

各店舗の店頭にて、11月5日(月)より販売致しておりますので、お気軽にお問合せください。

今回販売分は、各店舗60個程度となります。

価格は、300gで400円(税込)となります。 お気軽にお使いいただける量と価格になっておりますので、是非、この機会にお試しください。

 

 

 

 

甘酒☆番外編

甘酒のちょっと変わった使い方をご紹介します。

最近、スーパー等で見かける「トマト鍋用スープ」。

洋風な鍋スープですが、酸味が効いていてキャベツやジャガイモ、鶏肉などに良く合います。

このトマトスープに甘酒を加えると、まろやかになり酸味が苦手な方でも美味しくいただけます。 トマトと甘酒というのが、なかなか良く合うんです。 ぜひ、お試しを♪

この他にも、お料理の中で、少し甘みを加えたいと思うとき、砂糖ではなく、甘酒をひとさじ、ふたさじ加えてみてください。

角の取れた丸みのある甘さは、お料理をより一層美味しい仕上がりにしてくれるはずです。