今年も秒読み態勢に

一年間(といっても4月16日からですが)、あまり脈絡のないつぶやきブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。

今年も後は大晦日を残すのみとなりました。

私の年末年始は、にわか宗教駆け巡りの状態です。

25日にはメリークリスマス、大晦日には除夜の鐘、年越しから元旦にわたって神様へ二年詣りと3宗教を駆け抜けます。

とくに大晦日の夜は群馬もなぜか冷え込みますね。

不思議と30日の夜より寒く感じます。

子どもの頃から大晦日の夜の楽しみがありました。

それは熱々の甘酒です。

子どもが酒を飲んではだめでしょうと思っているひとに朗報です。

甘酒には酒粕を熱い湯でといて砂糖を入れたものと、一夜酒といわれる餅米と米麹を使って糖化した未発酵の日本酒のあかちゃんがあります。

この日本酒のあかちゃんにはアルコール分がまったく含まれていません。

20歳以下の未成年やタクシードライバーも何杯飲んでも安心です。

これが楽しみでしたね。

砂糖が入っていないのにとにかくとても甘いです。

熱々で飲むと幸せ気分になります。 これは保証つきです。

ちなみに大晦日には、高崎市の白衣観音でおなじみの慈眼院で参拝者に無料で甘酒を振舞っています。

これも地元では人気の風物詩です。

お近くの方は、今夜、観音様の大きな足跡をたどりながらお参りしてみてください♪

 

それでは皆さま、良い年をお迎えください。

 

 

 

年始まわりに奈良漬はいかが

新年のご挨拶に奈良漬はいかがでしょうか?

奈良漬は、奈良地方に古くから伝わる白瓜を粕漬けにしたものです。

粕漬けには灘の甲南漬、尾張の守口漬、奈良から全国に伝ぱした奈良漬があります。

白瓜のほかには生姜、きゅうり、西瓜や大根(細くて長い守口大根)などが粕漬けのタネになります。

一年を通して保存のきく奈良漬は酒の風味と甘みが大人の趣向品として珍重されました。

輝くようなべっ甲色で一本ものの奈良漬は大変縁起もよく、年末年始のご挨拶用にとご用意いただくお客様もたくさんいらっしゃいます。

また、奈良漬には、胃の働きを活発にし胸焼けを抑えたり、脂肪を分解したり、ビタミンやミネラルの吸収を助けたりするなどの効果があるとされています。

お正月は、どうしてもお酒や食事が進んでしまいますね。

そんな時、お口直しや胸焼けを抑えるといったことを少し意識して、奈良漬を召し上がっていただけると良いかと思います。

何より、きれいなべっ甲色は、お節料理の中でもひと際、美しい輝きを放ってくれるはずです。

 

 

 

年末年始のご案内

< 各店舗の営業時間>

☆ 問屋町店

・ 12月31日(月)  9:00 ~ 13:00

・  1月 1日(火)  お休み

・  1月 2日(水)  9:00 ~ 15:00

・  1月 3日(木)  9:00 ~ 15:00

※ 4日より通常営業となります

☆ 元紺屋町店は、12月30日(日) ~ 1月3日(水)までお休みとさせていただきます

こちらも、4日より通常営業となります

 

☆ インターネット店

・ ご注文の受付は、お休みなく受け付けさせていただきます

・ 年内のご到着をご希望のお客様は、28日(金)までにご注文ください(代引きのみ)

・ 29日(土)・30日(日)にいただきましたご注文は、1月4日(金)以降のお届けとなります

・ 31日(月)以降のご注文は、1月5日(土)以降のご発送となります

※ 12月31日(月)正午以降 ~ 1月3日(木)まで、インターネット及び、フリーダイヤルでの受注業務をお休みさせていただきます。(メールでのご返信は、1月4日(金)以降となりますのでご了承ください)

 

 

 

 

 

ローカル風物詩

年末が近づくと子どものころ楽しみだった焼きまんじゅうを思いだします。

本来、夏の縁日の夜店が定番ですが冷めやすい冬がいいんです。

焼き立てのあつあつの素まんじゅう (4個が定番であんこは入っていません) に濃厚な味噌だれをぬって、さらにちょっとだけ炙りなおして、ふうふういって串刺しのままかぶりつくのがたまらない楽しみでした。

冷めないうちに一気に完食したときの満足感がたまりませんでした。

この素まんじゅうには昔から米糀が使われています。

このまんじゅうの生地にはほのかな甘みがあります。

冷めて少し硬くなったものを焼くと、このあまみに芳ばしさが加味されて何とも言えない生地になります。

焼きダレは田楽のタレに似たものから、黒蜜ベースの濃厚なものまで様々です。

みそや糀が子供のころからなじみの深いものでした。

群馬に寄ったらこの焼きまんじゅうとこんにゃくの味噌おでんはぜひ試してください。

 

 

米糀

12月17日(月)より、ファームドゥ 食の駅 各店にて、米糀の販売を始めました♪

<ファームドゥ 食の駅>

販売店 : 高崎店、吉岡店、伊香保店、前橋店、前橋南店、前橋駅前店(エキータB1)

米糀(500g) 630円にて販売しております。

渋川、前橋方面のお客様も是非、御利用くださいませ。

12月は、「するめの糀漬」 のレシピを一緒に入れさせていただいていますので、お正月準備に作ってみてください♪

尚、販売商品は、順次拡大していく予定です。

 

 

my 味噌 

子どもたちが6月に仕込んだ「合わせみそ」が、食べごろを迎えました。

タルのフタを開けるとプーンと糀の香りがして 「いいにお~い♪」

ちょうど、ひと月前に天地返しをしておいたので、すぐに食べだせる状態です。

天地返しとは・・・、食べ始めの1ヶ月くらい前に、全体をよくかき混ぜることを言います。

当店の手づくり味噌は、通常、仕込んでから半年ほどで食べごろを迎えますので、仕込んでからだいたい5ヶ月ほどで天地返しをしていただくと良いですね。 この時、表面にカビが出ていることがありますが、スプーンでカビの表面部分だけ薄くとっていただければ問題ありません。

 

さてさて、我が家の味噌ですが・・・、

しゃもじですくって、まずは味見。

「美味しーい!! サイコー!!」  ( ^ ^ ) !!

今年の初味噌は、子どもたちのリクエストにより「みそにぎり」 に決定 ♪

この「みそにぎり」、素朴ですが味噌そのものの味を堪能していただくにはうってつけです。

あったかご飯を握って軽くつけても良いですし、その後、網で少しあぶっても美味しくいただけます。

おやつ代わりにおひとついかがですか?

 

 

 

12月催事のお知らせ

いよいよ12月ですね~。

年の瀬になると、一年の速さを身に染みて感じてしまいます。

さて、年末もはりきって催事を行いますので、お近くの方は、是非、お越しください。

 

☆ 川崎ショッピングモール アゼリア

期間 : 12月26日(水) ~ 12月31日(月)

時間 : 10:00 ~ 21:00  (最終日は終了時刻が早くなります)

 

ご贈答用に、また、ご自宅用に、是非、糀屋の「糀たまり漬」をご用意ください。

お待ち申し上げております。