「もち米甘酒」の作り方

今回は、《美味しいもち米甘酒の作り方》のご紹介です。

<材料 >                                                           もち米 400g、  米糀 500g、  水 800cc                                                                       ※ 以上の分量で約1.5kgの ≪ もち米甘酒の素 ≫ が出来上がります。

<作り方>

  1. もち米は良く研いで2時間以上、水に浸けておきます。
  2. もち米は炊飯器で、もち米400gに対して水400ccの分量で炊きます。
  3. 炊きあがったもち米に、更に50℃のぬるま湯を400cc加えます。
  4. 炊飯器の中でこれに常温の米糀500gを加え、よくかき混ぜてなじませ60~65℃に保温します。 この時、糀が万弁なく混ざり合うようにしてください。                                                炊飯器の保温温度は85℃くらいまで上がりますので、蓋の間に箸などをはさみ、熱を逃がすようにしてください。
  5. 1~2時間ごとによくかき混ぜてください。初めのうちは殆んどもち米と米糀が水分を吸っていますが、だんだんとろ~りとしたとろみがついてきます。
  6. 保温開始から8~12時間位すると、どろどろとした液状になり、甘みが増して炊飯器での保温は終了です。
  7. 甘くなった甘酒を鍋に移し、細い火で焦げ付かないように煮ます。              (加熱することで糀菌を減らし糖化を遅らせ、日持ちを良くする為です。煮すぎるとボタッとした糊状になってしまうので注意してください。)
  8. 鍋が完全に冷めたら1食分ずつ小分けにして、冷凍保存しておきます。
  9. お召し上がりになる時は、その都度、解凍し、そのままでは濃いので1~2倍の水で薄め、好みの濃さにしてから温めてお召し上がりください。また冷やした「甘酒」も清涼感あり美味しく召し上がれますのでぜひお試しください。

これで、滋養豊富で甘みたっぷりの自家製 ≪もち米甘酒≫ が出来上がりです!!                                この甘酒はアルコールを含みません。 ですから、お年寄りや小さなお子様にも安心してお召し上がりいただけます。                                           もち米をお使いいただくことで、一段と甘みが強く栄養価の高い甘酒が出来上がります。 もちろん、甘みは少々控えめですが、白米でお作りいただくこともできます。                                                                                 冬は、アツアツで、夏は、ひんやり冷たくして、一年を通してお楽しみください。

これから暑くなる日々の<熱中症対策>として、ぜひ一度、ご家庭で甘酒を作ってみてください♪

出来上がった後のご感想やプラスワンで美味しくなるアイデアなども、お寄せいただけると大変嬉しいです。                                                 もちろん、ご質問も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

次回は、「甘酒のあれこれ」を予定しておりますのでお楽しみに♪

 

 

 

コメントは受け付けていません。